住宅性能表示制度

住宅性能表示制度について

「品質をチェックする」これからの住まいづくり

平成12年10月、それまで各社まちまちだった住宅の性能を、数値でわかりやすく評価する制度ができました。それが「住宅性能表示制度」。

一番のメリットは、家の設計や工事を第三者が審査する安心感で、公平な審査を経て交付される性能評価書は、いわば家の鑑定書。
またこの制度を利用した評価書付きの家には、住宅ローンに金利優遇や地震保険の割引、住宅売却時には価格が下がりにくいという数々のメリットもあります。


1、構造の安定性

地震や強風、積雪などにどのくらい耐えられるのかを示すのが「構造の安定」。
建物以外にも、地盤の強さ、基礎の万全さもチェックできます。


2、火災時の安全

自宅や近隣の火災から、どれだけ火に強くて避難しやすい住まいなのかを示す「火災時の安全」。
外壁、床、窓などの耐火性、避難・脱出経路の安全性などが調べられます。


3、劣化の軽減

丈夫で長持ちする住まいのために、劣化対策がどのくらい手厚くされているのかを示したのが「劣化の軽減」。
防腐・防蟻・防錆処理などの工夫レベルがわかります。


4、維持管理への配慮

給排水管やガス管のメンテナンスのしやすさを示した「維持管理への配慮」。
日常の掃除、点検、補修が容易な住まいかどうかがチェックできます。


5、温熱環境

住まいの省エネルギー性能レベルを示す「温熱環境」。
エネルギーを節約して、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる環境への対策レベルがわかります。


6、空気環境

健康への影響を指摘されることの多いホルムアルデヒドへの対策を評価するのが「空気環境」。
内装に使用される建材の選定、室内の換気対策がチェックできます。


7、光・視環境

明るい住まいのために、居室の窓の面積と、位置・方位についてどの程度配慮されているのかを示す「光・視環境」。
ただし、窓が多いほど耐震性や省エネ性能が低下しがちなので要注意。


8、音環境

外部の騒音を防ぎ、中の騒音を漏らさない工夫がされているかを評価するのが「音環境」。
共同住宅では、上下階との床や隣との壁に関して騒音を伝えにくくする対策が講じられているかも重要です。


9、高齢者等への配慮

住まいが将来にわたって安全・快適であるために、バリアフリー仕様の程度を示すのが「高齢者等への配慮」。
移動時の安全性の確保と介助がしやすくするための工夫レベルがわかります。


10、防犯

外部開口部(ドアや窓など)について、防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているかの侵入対策が講じられているかをチェックします。


ページのトップへ