保証とサポート

住宅瑕疵担保責任保険

国土交通大臣より指定を受けた保険法人の定める設計施工基準に適合した住宅に付けられる10年間の長期保険です。
保険法人の提携検査機関が、基礎配筋検査(※1)、上部躯体検査(※2)を行い、その検査に合格した建物に万が一、住宅の品質確保の促進等に関する法律に定める瑕疵(かし)が判明した場合、その補修を確実に履行します。
※1基礎配筋検査
コンクリートを流し込む前に、図面指示通り配筋が施工されているかどうかを確認します。
※2上部躯体検査
指示された基礎金物、仕口・接合金物が適切なヶ所に施工されているかを確認します。


住宅リフォーム瑕疵担保責任保険

▼特徴1:リフォーム工事に瑕疵(欠陥)が見つかった場合でも、リフォーム登録事業者が、無料で補修します。

リフォーム登録事業者が負担する補修費用は保険でサポート!
万が一リフォーム工事に瑕疵が見つかった場合、発注者さまは無料で補修が受けられます。


▼特徴2:安心の業者選びに!

この保険を利用できるのは、建設業の許可事業者または実績等を審査の上、住宅保証機構に登録されたリフォーム登録事業者です。 安心の事業者を選ぶことができます。


▼特徴3:第三者の検査員が検査します!

住宅保証機構より派遣された専門の検査員(建築士)がリフォーム工事の施工状況について検査を行います。


▼特徴4:万が一リフォーム登録事業者が倒産しても、保険金が支払われます!

リフォーム登録事業者が倒産した場合には、補修費用等の保金は発注者さまに直接支払われるので、万が一でも安心です。



アフターメンテナンス

資産であるお住まいに、末永く快適に住まわれるために、お引渡し後の6ヶ月、1年、2年目と定期的に訪問させていただき、メンテナンスのご相談アドバイスに努めています。

ページのトップへ