爽美のリフォーム 建物の種類やリフォームしたいポイント問わず様々なご要望にお応えしています。

リフォームしたいポイント

耐震リフォーム
中古住宅リフォーム
省エネリフォーム
二世帯リフォーム
バリアフリーリフォーム
水廻りリフォーム
ペット対応リフォーム
増改築

爽美のリフォームとは爽美のリフォームとは

設計力 安心と信頼

耐震リフォーム

基礎補強

現在は鉄筋コンクリート製の連続した基礎(布基礎)が主流ですが、古い建物は鉄筋が入っていないコンクリート(無筋コンクリート)で造った基礎や単独の基礎(独立基礎)で造っている場合があり補強する必要があります。

基礎補強イメージ

傷んだ土台や柱の交換

基礎の上には土台があり柱が固定されています。土台や柱が湿気などで傷んでいると建物を支えきれません。 傷んでいる部分を交換する必要があります。

傷んだ土台や柱の交換イメージ

土台と柱の金物補強

土台と柱をつなぐ金物も大きく進化しました。古い建物ではカスガイ釘などで固定されていましたが現在ではより強度が高い金物で柱が土台から外れるのを防いでいます。

土台と柱の金物補強イメージ

耐震壁補強

壁量が不足している場合は、筋違の追加や耐震パネル貼りなどで壁の強度を増して耐震強度を上げる必要があります。

耐震壁補強イメージ


省エネリフォーム

住まいの気密性・断熱性を高めることは冷暖房の経済性からもお考えの方は多いです。 冬の寒さ(日当たり、すきま風)や夏の暑さ(風通し、窓からの日差し)などで気になることがあれば調査してみるとよいでしょう。

サッシの改修

窓は熱の出入りが多い部分です。ここの断熱性を高めることも冷暖房の効率を高めます。

二重サッシ化

既存のサッシの内側にサッシを取り付け断熱性をアップさせます。 同時に防音性も高めます。

高断熱サッシ・複層ガラスへの交換

高断熱サッシ・複層ガラスへの交換をして断熱性を高められます。

サッシの改修イメージ

床下断熱

床下の断熱が不足している場合に行います。
床下からグラスウール等の断熱材を貼りつけていきます。

壁断熱

外気の侵入を防ぎ、冷暖房のエネルギー損失を防ぐ壁の断熱リフォーム。
壁に断熱材をすき間なく施工します。内装と同時にリフォームすると合理的です。

小屋裏断熱

夏の小屋裏にこもった熱気が室内の冷房効率を低下させます。小屋裏に断熱材をすき間なく施工します。



バリアフリー改修

ライフスタイルに合わせてプランの変更からご提案を行います。 ポイントは各部屋への移動をスムーズにする間取り。段差を解消して手摺などを取り付け安全性を高め、温度差の高いバスルームやトイレ、廊下などへの配慮し体への負担を軽減します。



ペット対応リフォーム

飼い主も愛犬や愛猫も快適に暮らすには、飼い主の生活動線の中に彼らの生活動線を上手に組み込んであるプランが必要です。ペットとのライフスタイルに合わせてリフォームプランをご提案します。

ページのトップへ